子育てママの節約ライフ

妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

子供が離乳食をたくさん食べてくれる為の工夫

2014年11月2日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

ごはん

皆さんは子供がなかなか離乳食(又は幼児食)を食べてくれなくて苦労した経験はありませんか。我が家の娘はよく食べる方でしたが、それでも時期によって食べなかったり食べたりの繰り返しでした。今回は、子供があまり食べてくれない時、たくさん食べてもらうための工夫をいくつか紹介したいと思います。

ママが美味しそうに大きなお口を開けて食べてみる

ちょっと多めに子供用ごはんを作り、ママも一緒に器に盛って食べます。そうすると、子供って大人が食べているものを欲しがるんです。自分の器に盛ってあるのもは食べないのに、ママが食べてるものは手をのばして欲しがったりします。手をのばして欲しがってきたらチャンスです。ママのを取り分けながら、少しずつ自分に盛られたご飯を食べれるようにシフトしていきましょう。

ミッキーやプーさんなどの人形に食べさるマネをする

1歳前だと厳しいかもしれませんが、1歳を過ぎるとおままごとが好きになってくる子が多いです(特にうちは女の子なので)。また、キャラクターにも興味を持ちはじめます。「ミッキーちゃんにご飯あげてみようか!」とか言いながらご飯の時間を楽しいものにしようと努力しました。意外と効果があって、時間はかかりますが楽しくご飯を食べれるようになりました。今では少し荷物になりますが、外出時も人形を持参しています。人形が汚れてしまったら洗濯してあげましょうね。

料理を工夫してみる

私がよく作っていたのは、野菜が苦手な時期にホットケーキミックスの中にみじん切りにした野菜をたっぷり入れて野菜入りホットケーキを作っていました。いかに苦手なものを隠して食べさせられるかがポイントです。嫌いな時期はどうやっても、そのままでは食べてくれませんからね。少しづつ食べてもらって、そのうちちゃんと食べるようになれば・・くらいの気楽な気持ちでやっていました。

苦手な食材は好きな食材に隠して食べさせる

奥の手ですが、嫌いな食材の上に好き食材を乗せ、隠してから食べさせるというやり方。例えば娘はキャベツなどの緑の野菜が苦手な時期がありました。そんな時はスプーンにキャベツを乗せ、その上に白米を乗せてキャベツを隠してから口に入れます。隠してるところが見つかってしまうと意味がないので、見つからないように気をつけましょう。

さいごに

子供の好き嫌いには、ほとんどのママが一度は頭を悩ませる問題だと思います。あまり思い悩まず「いつかは食べてくれるだろう」と割り切りの気持ちを持つことも大切かと思います。

子供が大好きなテレビ番組

2014年10月25日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

寝ころぶ赤ちゃん

あまりテレビにくぎ付けも良くないと思いますが、私は時と場合によってはテレビを利用して子育てをしています。あまり長時間は見せすぎず、時間を区切ってテレビを見せても悪くはないと思います。テレビを見ている間は子供たちも静かにしていてくれるので、ママは束の間の休息です。上手に息抜きしながら、楽しく子育てを出来るといいですよね。

定番!いないいないばあ・アンパンマン

すでに大好きでよく見てるというご家庭も多いかと思います。いないいないばあは0歳から2歳向けの番組で音楽を聞いたり、踊ったり、楽しい映像が流れたりと幼児が大好きな要素が凝縮された番組です。特に番組内でほぼ毎日ながれる「わーお」というダンスは娘も大好きでよく踊っています。娘の保育園では、ほぼ全員が踊れるくらい幼児の定番ダンスとなっております。月齢によって出来ること出来ないことはありますが、みんな個性的に踊ってくれるので、見てるこっちも楽しいですよ。今では私もダンスを覚えて一緒に踊っています。本気で踊ると結構疲れるので、いいダイエットになりますよ。娘も私が一緒に踊るととても楽しそうにしているので一石二鳥です。

動物が出る番組

動物の出る番組といってもいろいろとありますが、娘は「めざましテレビ」の「今日のわんこ」というコーナーが大好きです。子供は動物が大好きです。動物が画面にうつると指をさして喜んだりします。めざましテレビのコーナーに限らず、動物の特集番組なども子供は好きですよ。特に娘はワンちゃんが大好きです。朝の番組に関しては、「めざましテレビ」の他にも「ZIP」でジジというワンちゃんが出ているコーナーがあるので、交互に見ていたりします。テレビを指さしして「ワンワン!」と言いながら大興奮です。

トイストーリー

かわいらしいキャラクターが沢山出てくるからでしょうか。娘は意外とツボにはまったようです。ウッディが大好きなようで、ウッディが出てくるたびに興奮しています。トイストーリーは大人が見ても面白いですよね。たまにはまったりと、子供を膝に乗せてテレビ鑑賞会をしてみてはいかがでしょうか。お子さんもママと一緒にテレビを見れて嬉しいと思いますよ。トイストーリーのほかにもディズニー映画は子供にもわかりやすいものが多いですよね。キャラクターも可愛らしいので、好きな子供たちは多いのではないでしょうか。

さいごに

テレビを見せることに関しては賛否両論ですが、私はたまにはテレビに子守をお願いしたっていいと思います。大事なのはずっと一人ぼっちにさせないこと。テレビをうまく使って子どもと楽しくコミュニケーションが取れるといいですよね。

雨の日 室内で子供と楽しく遊ぶ方法

2014年10月14日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

絵具

雨の日ってお外へ出れないので憂鬱ですよね。子供って室内だけだと退屈で愚図ったりしませんか。我が家の娘もお外が大好きで暇あらばお外に行きたがります。今回は、室内でも子供と楽しく遊べる方法を、ご紹介したいと思います。

お絵かき遊び

大きな紙とクレヨンなどを用意します。この時、小さい紙だとはみ出して床が大変なことになるので、大きめの紙を用意しましょう。もし、大きめ紙が無い場合は小さい紙を何枚か貼り付けて大きくしてもいいかと思います。用意したら紙をセロハンテープで床に張ります。この時床に張らないと子供がぐちゃぐちゃにしてしまうことがあります。面倒ですが、このひと手間で子供がダイナミックにお絵かきしても、紙がヨレないので安心ですよ。クレヨンは手が汚れないタイプのクレヨンが売っていますので、それがとても便利でおすすめです。鉛筆などは尖ってて危ないので渡さないようにしましょう。子供に自由にお絵かきさせてあげてもいいですが、ママがアンパンマンなどのキャラクターを書いてあげても子供は喜びますよ。

お歌遊び

子供はお歌が大好きです。歌と一緒に体や手を動かしたりして遊んであげましょう。例えば「きらきら星」などは手でキラキラを表現してあげたり「大きな栗の木の下で」などは体全体を使って木を表現してあげたりすると喜びますよ。1歳を超えてくると段々自分でお歌を歌うようになります。まだうまく発音できませんが、鼻歌っぽく歌ったりします。「好きな歌」もなんとなくですが、決まってきます。色々なお歌をいっぱい歌って・踊って・表現して、感性を育ててあげましょう。

ダンス遊び

お歌のところにも書きましたが、子供は体を動かすのが大好きです。私は、教育テレビでやっている「いないいないばあ」の中の「わーお」のダンスをよく娘と一緒に踊っています。体全体を動かせるのでおすすめです。大人も楽しいですよ。子供も、一生懸命真似して踊ろうとしている姿がとてもかわいらしいです。最初はうまく踊れませんが、月例が上がるにつれて上手になってくるので、成長を感じることができます。

雨の日くらい・・TV鑑賞

毎日テレビばかりはよくないですが、たまにテレビを見せる時間があっても良いのではないでしょうか。特に雨の日は子供も愚図りやすいです。雨の日限定でアンパンマンとか、ルールを決めてもいいかもしれませんね。

さいごに

雨にも負けず、子供たちと楽しく元気な一日が送れるといいですよね。

 

牛乳パックの賢い再利用方法

2014年10月7日 by product | No Comments | Filed in 節約ライフ

ガスコンロ

我が家は牛乳の消費量が半端ないです。子供が牛乳好きということもありますが、私自身も大好きでよく飲んでます。氷たっぷりの微糖コーヒーに牛乳をそそぎ、グビッといくのが、パートが終わって帰って来てからの至福の一時です。そんな溜まる一方の牛乳パックのゴミ。うまく再利用して、賢くエコしちゃいましょう。

まな板に変身

牛乳パックは意外と丈夫にできています。私は、牛乳パックを切り開いて即席使い捨てまな板を作ります。お肉をザクザク切るときなど、洗わなくてもそのまま捨てられるので衛生的です。特に、夏は食中毒が気になる時期。私も1度だけ食中毒菌にやられたことがありました。とても辛かったので、こんな経験を二度としないためにも夏の衛生環境には気を付けたいと思います。生肉を調理する際は牛乳パックまな板で調理し、そのままゴミとして捨ててしまっても良いかもしれませんね。繰り返し使う場合は、洗うたびにへたってきますが、使いにくくなったら捨ててしまいましょう。

調味料入れに変身

牛乳パックを半分くらいで切って中にみりんや醤油、料理酒などを入れれば、たちまち調味料入れに変身。牛乳パックを半分に切って、調味料の数だけくっつければ完成します。くっつける際はノリよりも両面テープの方がはがれにくくて良いかもしれません。漏れが心配な調味料も、コレに入れておけば、もしもの時も安心です。転倒の心配も少なくなります。汚れてしまったらそのまま捨てることが出来るのも嬉しいですよね。

キッチンで大活躍

キッチンの油汚れは主婦の大敵ですよね。ギトギトにこびりついた油はなかなか手ごわく、一筋縄では取れないのが現実です。我が家は揚げ物をよくするので、油汚れとは日々戦っています。キッチンで油がはねそうなところには牛乳パックを敷いています。汚れたらすぐ取り替えられるので便利です。特にコンロの後ろの部分などは気付かない間に油がはねて汚れてしまいます。私はズボラなので一度敷いたものは1ヶ月くらいは変えませんが、揚げ物をした後は、かなり油がはねています。余裕のある方は毎回変えた方が衛生的ですね。

さいごに

やはり牛乳パックの利点は汚れたらすぐ使い捨て出来るところ。汚れそうなところには牛乳パックを敷けば、お掃除の手間も半減します。これからも、牛乳パックの新しい活用方法を色々発掘していこうと思います。皆さんもぜひ牛乳パックをそのまま捨てず、再利用してみてくださいね。

主婦がキャバクラでアルバイトをしてみた結果

2014年10月1日 by product | No Comments | Filed in 節約ライフ

繁華街の大通り

みなさんはキャバクラというと、どのようなイメージを持ちますか。おそらく、良いイメージを持つ方はほとんど居ないでしょう。私もはじめは良いイメージなんてありませんでしたが、友人に誘われて一度体験してみることにしました。その結果、意外と楽しくお金を稼ぐことが出来たので、ここにご紹介したいと思います。

友人に誘われて体験入店をしてみる

小さい子供がいる私は中々「働きに出る」ということが難しかったのですが、ある日友人にキャバクラアルバイトのお誘いを受けました。どうやら、女の子(在籍の女性キャスト)が足りないらしく少しの期間でもいいので働いてほしいとのこと。私も子供がいるので、寝かしつけてからでなければ無理という旨を伝えると時間は0時までであれば何時でもいいとのことでした。旦那にも相談し、長くは続けないという約束で了承を得ることに成功しました。

収入は地方の東京23区外のキャバクラで大体2000円~2500円が相場

体験入店であれば大体上記のような感じがこの業界の相場になります。新宿や六本木などの高級店に行けば体験といえどもっと払ってもらえるところが多いと思いますが、その他であれば大体このくらい。意外と低いと思いませんか。しかし、お酒を飲んで、お客さんと話をするだけ。一度社会人を経験した自分にとっては、ストレスフリーでここまで稼げるのはとても美味しい話でした。自分が会社員として働いているときはストレスの多い毎日で胃がおかしくなりそうでした。それに比べれば、アルバイトという形でここまでの収入を得ることができるなんて、とても心が弾みました。

5時間で10000円以上

大体のキャバクラは最低時給2000円は出してくれます。時給2000円と換算しても5時間で10000円。週5で働けば1週間で50000円。1か月4週間と換算して200000万も稼ぐことが出来ます。とても美味しい話ですよね。私は主婦なので現実的に週5は無理ですが週末の2日間だけ5時間働いたとしても、80000円は稼げます。これだけあれば光熱費はまかなえるどころか、貯金まで出来てしまいますね。

まずは試しに

本格的に入店する前に、まず体験入店してみてはいかがでしょうか。体験入店だけでもお金はもらえます。お酒が苦手な場合はアルコールフリーのドリンクが注文できるシステムがどのキャバクラにもあるはずです。ナンバーワンキャバ嬢が実はお酒が苦手・・・という話はよく聞きます。最初は緊張していまうかと思いますが、皆さんも挑戦してみてくださいね。