子育てママの節約ライフ
妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

悪阻中に食べたくなった食べ物・食べれなくなったもの

2014年11月30日 by product | Filed under 妊娠.

パーティ私自身は悪阻にあまり悩まされた方ではありませんが、数週間味覚が変わったりすることはありました。いつも食べていたものが美味しくなく感じたり、逆にいつも苦手だったものが好きになったり・・・。色々個人差はあると思いますが、私自身が強烈に食べたくなった食材や料理をご紹介していきます。

食べたくなったもの

梅干しや梅昆布などの酸っぱい系

よく妊娠するとグレープフルーツが食べたくなるといいますが、きっと酸っぱいものが食べたくなる妊婦さんが多い為だと思います。私自身はグレープフルーツよりも梅干しなどの酸っぱさがとても食べたくなりました。これも人によって様々です。梅干しを食べすぎると塩分取り過ぎになるので、梅の飴やガムを食べて紛らわしていました。あとは、低カロリーなおやつ「梅昆布」もよく食べました。

ゼリーやプリンなど

ゼリーやプリンなどの冷たくてのどごしがいいものはよく食べたくなりました。甘いものはあまり食べたくない時期がありましたが、プリンのような甘さであればOKでした(個人差があると思いますが・・・)。

りんご

私は果物だとりんごがよく食べたくなりました。逆にグレープフルーツなどの酸味はあまり食べたくなりませんでした。りんごの他にも100%のオレンジジュースなどはよく飲みました。ビタミン補給にもなりますし、あまりご飯を食べられない時期はカロリーも摂れますからね。

食べることが出来なくなったもの

和食系

和食系がとにかく食べられなくなりました。和食によく使われる「だし」が特に無理になりました。妊娠する前は和食が大好きだった私ですが、悪阻中だけは和食は嫌いになってしまいました(と言っても、悪阻は早々に治まったのですが・・・)。

ネギ

ネギのニオイも気持ち悪くなりました。妊娠前はお味噌汁でも冷奴でも納豆でもネギをこれでもかってくらいかけていました。けれど、悪阻中は一切ネギは食べたくなくなりました。なので、みそ汁や納豆などネギを使うものはあまり食べなくなりました。ネギを刻むのも嫌だったので、悪阻中は我が家の食卓からネギは消えました。旦那はネギ大好きだったので申し訳なかったなと思います・・・。

キムチ

妊娠前は大好きだったキムチも悪阻中は食べることが出来なくなりました。キムチに関しては悪阻が治まってからも、あまり食べたくなかった気がします。以前は食卓に1品足りないという時に活躍する食材だったので、キムチが食べることが出来なくなったのはとても残念でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です