子育てママの節約ライフ
妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

出産する病院を決める際は費用のチェックも忘れずに

2014年11月20日 by product | Filed under 妊娠.

妊娠おめでとうございます

妊娠検査薬で陽性が出たら、次のステップは病院の受診ですよね。皆さんは何を基準に出産する病院を決めますか。今は早く決めないとお産難民になってしまう地域も多いようです。しかも、出産には多額のお金もかかります。慎重になって決めたいところですよね。しかし、出産する病院によって総額でかかる費用が大分変わってくるのことをご存じでしたか。何が変わってくるかをしっかりチェックすることで、病院選びに役立ててくださいね。

分娩費用は病院によって違う

分娩費用や入院費、個室代など、退院時に支払う項目って色々とありますが、すべて病院によって異なってきます。傾向として、設備が整っている総合病院や大学病院などは高くなる傾向にあり個人院の方がリーズナブルな価格設定になっていることが多いです。しかし、出産は命がけです。おすすめの選び方としては、持病があったり高齢出産の場合はいざという時に最新の設備ですぐ対応してもらえる総合病院や大学病院などをおすすめします。ただ、個人院の出産に比べスタッフの対応やご飯などが味気ないことが多いです。リスクが高い場合は大きな病院もおすすめですが、それ以外であれば個人院での出産も悪くないと思います。ただ、個人院は費用がリーズナブルといっても病院によって差があるので、事前にお調べすることをおすすめします。

毎回の健診費用も病院によって違う

妊娠が分かると最初は2週間に1回、安定期は4週間に1回、後期には2週間に1回と妊婦健診が定期的に行われます。この妊婦健診はお腹の中にいる赤ちゃんをエコーで見ることが出来るので、毎回楽しみにしている妊婦さんも多いと思います。しかし、この健診費用も病院によって変わってくることをご存じでしたか。安い病院だと母子手帳についている補助券の金額内でほとんどまかなえてしまいますが、高いところだと補助券を使っても毎回何千円も支払わなくてはならない病院もあります。ちなみに、安いからといって設備などがわるい病院という訳ではないと思いますよ。院内見学をしてみるなど、総合的に判断してみてくださいね。

初診料も病院によって違う

妊娠が分かって初めて病院に行く際は結構多額のお金がかかってきます。平均して1万円前後でしょうか。ただ、病院の中には最初のみ保険診療OKなところがあったりと様々です。病院に行く前に連絡をすると費用について詳しく教えてくれます。事前に電話で色々と調べてみてもいいかもしれないですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です