子育てママの節約ライフ
妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

赤ちゃんが夜に中々寝ない場合、改善するべきこと

2014年11月15日 by product | Filed under 子育てのこと.

10か月赤ちゃん赤ちゃんが中々寝てくれない場合、日々の生活を少し改善するだけで状況が一変するかもしれません。

お昼寝の時間を短くしてみる

夜中々寝ないということは、単純に昼間に寝る時間が多すぎるのかもしれません。お昼に気持ちよく眠っているところを起こすのも勿体ない気もしますが(赤ちゃんが眠っている間は唯一、ママが休める時間なので)夜中々寝てくれないということを天秤にかけてみてください。夜に自分の時間が全くないのはストレスになりますよね。旦那さんとゆっくり話したりコミュニケーションを取ったりする時間も必要です。なので、昼間に2時間以上寝ている場合は、まず昼寝を2時間にしてみてください。ちなみに我が家の娘は2時間だと長すぎました。1時間半だと20時半には眠くなってくれるので、毎日1時間半で起こすようにしています。

運動量を増やしてみる

運動量が足りない場合も中々寝てくれない原因の1つとなります。特に1歳以降は体力もついてくるので、歩行が上手になってきたら1日1回は公園などの広いところで遊ばせてあげましょう。アマの日は厳しいので児童館などに行ったり、ショッピングセンターなど雨を気にせず歩けるところに連れていってあげてもいいかもしれないですね。家にいる場合もママがたっぷり遊んであげて一杯体力を使わせてあげましょう。

全体的に規則正しい生活を心掛けてみる

いつもご飯の時間やおやつの時間、お風呂の時間がバラバラになっていませんか。赤ちゃんにも体内時計というものがあります。そこまで神経質になることもありませんが、大体の一日のタイムスケジュールを決めてあげた方が赤ちゃんも眠る時間を理解しやすいと思います。もちろんお出かけする日などは思い通りにならない場合もありますが、アバウトでいいので一日のタイムスケジュールを決めてみましょう。

眠くなさそうでも20時には寝床に連れていく習慣をつける

一日のタイムスケジュールを決るという話と少しかぶりますが、寝床に連れていく時間は毎日統一するべきです。赤ちゃんの体内時計は意外と簡単に訂正することが出来るので、まず出来ることからはじめてみてください。

眠る直前にテレビなどは見せない

テレビなどの光は脳を興奮させる作用があるそうです。寝る直前にテレビを見せることで眠くなるということを妨げてしまっているかもしれません。出来れば夕ご飯を食べてからは、あまりテレビはつけないようにして赤ちゃんと触れ合い遊びをしてあげてもいいかもしれないですね。しかし実際は、忙しいママが多いと思うので中々難しいという方も多いかと思います。なので、出来そうな方は挑戦してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です