子育てママの節約ライフ
妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

旦那様必見!妊娠中の妻が夫にしてもらって嬉しいこと3つ

2014年9月1日 by product | Filed under 妊娠.

夫婦

妊娠してからというもの、奥さんが毎日イライラしてる・・・

奥さんが毎日感傷的になっている・・・

妊娠は幸せなことのはずなのに、なんでこんな情緒不安定になっているんだろう。

そんな疑問を持った旦那さん、結構多いと思います。

妊娠中はホルモンの関係もあり、マイナスな気分になりやすいんです。

そんな時「旦那さんが奥さんに出来ること」

今回はその例を紹介させていただきます。

お風呂掃除をしてあげる

特にお腹が大きくなってからは「前かがみ」という体勢がとても辛いです。お風呂掃除は、狭い空間に前かがみになって行わなければなりません。私自身、家事の中でこれが最も辛かったです。お風呂掃除は旦那さんの仕事という家庭も多いかもしれません。そうでない家庭は、妊娠中だけでもお風呂掃除当番をかわってあげましょう。また、雑巾がけなどもやり難い作業のひとつです。変わってあげられる家事は積極的にやってあげると奥さんも喜ぶと思います。

大きな荷物は持ってあげる

妊娠中はお腹が張りやすいです。あまり無理をすると早産や流産の原因になります。妊娠は病気ではないので、慎重になり過ぎる必要もないですが、万が一のことがあってからでは取り返しがつきません。旦那さんが出来ることは手伝ってあげられるといいですね。例えば、お米やお水などの重い荷物を伴う買い物は週末に一緒に行ってあげましょう。また、妊婦健診なども予定が合えば付き添ってあげられると良いですね。意外と荷物も多くなってしまいますし、何より一緒に行くことで旦那さんもパパになるという実感が湧いてくるかと思います。お腹の中に居る可愛い我が子をエコーで見ることが出来るのも、たった10か月間だけなのですから。

気遣いの言葉がけ

実はこれが一番嬉しいかもしれません。妊娠中は「マタニティブルー」という言葉があるように、とても気持ちがナイーブになっています。出産に向けての不安や、体調不良などもその原因のひとつです。もしかしたら、普段は感情的にならない奥さんが、急に泣き出したりするかもしれません。そんなとき「大丈夫?」「無理しないで」という言葉がけが何をしてくれるよりも嬉しかったりします。妻は夫が「自分のことを気にかけてくれている」という気持ちが何より嬉しいのです。もし家事があまり出来ないことがあっても、責めずに見守ってあげましょう。

さいごに

いかがでしたか。赤ちゃんがお腹の中で居る期間は、長い人生の中のたった10か月。そう考えると、大切にしたい貴重な時期だと感じます。夫婦で仲良く妊娠生活を送りながら、元気な赤ちゃんを迎える準備が出来るといいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です