子育てママの節約ライフ

妊娠中や子育て中に気を付けたことや感じたことを、平凡な日常を綴っています。

節約だけではダメだ!チャットレディで副収入を稼いでみた話

2014年9月9日 by product | No Comments | Filed in 節約ライフ

チャットレディのイメージ

副収入という言葉を聞いてまず頭に浮かんでくるお金稼ぎは何でしょうか。「自宅で出来る仕事」「空いた時間に出来る」一般的に自宅で出来る仕事といえば内職と言われていますが内職にも種類は様々、最近ではインターネットや電子書籍の普及で書籍をデジタル化したり、印刷物の文字をデジタル化するなんていう仕事など、職種はかわからないけど、そんな副業があったりします。

しかし、どんな副業も時給換算にすると500円以下だったり、せっせと一生懸命頑張って「たったこれだけ?」と思うような仕事ばかりです。ばかり、でした。

そして今回、女性である私がチャレンジした仕事がチャットレディです。ずっと気になっていたけど、なかなか手を出せなかったこのお仕事。密かに面接を受け、数ヶ月働いて結果的にそれなりの副収入を稼げたので、チャットレディに関する良いところ、悪いところ、どのぐらい稼げるかを全て暴露してみたいと思います。

チャットレディの募集に問合せてみた。

在宅での仕事をいろいろ探している時、沢山のホームページを飛び交って辿り着いたところがチャットレディ募集ページでした。

最初は全く意味がわからなかったのですが、割りと興味があった私はチャットレディについて隅々まで調べてみることにしたのです。調べているうちに、どうやらこのお仕事は在宅と通勤が選べる仕事で、その中で、しっかり高収入を稼いでいる方たちは皆お店まで通ってお仕事をしている人たちであるという事実にたどり着きました。在宅と通勤で時給が1000円や2000円と違うようなら、効率を考えても通勤チャットレディである。と考えた私は沢山のお店のホームページをくまなく調べ、最終的にこちらの通勤チャットレディ求人で最寄りの店舗の中から自分に合いそうなお店を選び、お店のスタッフと面接日の約束、持ち物や仕事内容をメールや電話で簡単に説明して頂きました。

持ち物(面接に持っていったもの)

1.年齢確認のできる身分証明証

チャットレディという仕事は、18歳未満(高校生は不可)は法律で禁止されているらしい。ということで仕事をする前には顔写真付きの年齢が確認できる身分証明証が必要だそうです。私の場合は免許証やパスポートを持っていないので住民基本台帳カード(通称:住基カード)というものを最寄りの区役所で発行して取得後に面接をお願いしました。

2.印鑑

稼いだ報酬(給料)は完全日払い制らしく、そのお給料を受け取るのに印鑑が必要でした。シャチハタ以外の印鑑を持っていきます。

3.身だしなみ

持ち物とは関係ないのですが、映像を使った仕事なので身だしなみ(化粧や服装)は普段デートをするような格好で、とメールの対応をしてくれたスタッフに頼まれました。「そんな抽象的な説明じゃわからないよ」と感じながら、自分なりに気合入れた格好でいざ面接へ。

緊張の面接日

このブログでは私の住んでいる地域は秘密なので面接場所は公開しませんが、とある駅から歩いて2〜3分のカフェにて担当スタッフと待ち合わせ。

スーツを着た怪しい感じの男性が私の担当スタッフでした。面接の内容は基本的にチャットレディという仕事の内容を説明して頂き、30分程話を聞いていたのですが、ざっくり言うと『男性ユーザーを相手にWEBカメラを使って話したり、ちょっとエッチなことをしたりする仕事』といった感じでした。「パソコンでチャットしてれば時給5000円もらえるって凄くラッキー」と思っていた私にとっては若干抵抗のある仕事内容。というかエッチなことって何!?そんなリアクションでした。

断りづらいので体験入店をしてみる

エッチな内容とか、アダルト行為は絶対したくない私ですが、体験だけならと思い、仕事をしてみることにしました。お店まで歩きながら話しているとどうやらアダルトを全くしなくてもチャットレディの仕事はできるとのこと。いわゆるノンアダルトチャットレディというらしい。ただ、ノンアダルトでの仕事でもなんだかんだと男性ユーザーはアダルトな行為を要求してくるそうで、そういったお客様がいるから前もって厳しく説明してくれたみたいです。

直接の男性を相手にする仕事ではないから、正直断ってもクレームや問題になることは全くないらしく、ただお客さんを逃してしまうだけということらしい。では、そんなお客さんの対応はどうしたらいいのか?上手にことわりながら、仲良くなってお話を続け、売上を稼ぐ。そんなプロのやり方を教えるのが僕たちスタッフの仕事です。と言ってくれて凄く説得力があった。もう正直この人に一生ついていこうかとも思った。

それから1ヶ月間チャットレディの仕事を続けてみた

はじめのうちは凄く不安でした。時間でいうと仕事を始めて6時間くらいのうちはわけがわからないままひたすらパソコンに向かってタイピングしている感じです。お客さんにあわせてスタッフがその都度画面越しにサポートしてくれてやりやすい環境だったけど、私としてはもう何がなんだか・・。初日はそんな一日で帰り際に現金45,000円をもらった。「高すぎる」たしかに仕事自体は疲れたし、沢山頑張ったけど、この金額は高すぎる。こんな高い給料なら毎日でもやりたいくらい衝撃的な給料額でした。それからほぼ毎日、こどもの保育園の間、深夜帯の空いた時間など、短い時間でも駆使して仕事をひたすら続けました。

一ヶ月の報酬は673,250円

毎日長い時間働くことはできなかったし、一日2時間とかの日もあったりしたけどなんだかんだで人生初の月収を稼ぐことができました。こんな生活が続いたらもう節約とかしなくてもよくなりますね。でもチャットレディでの報酬は安定しないし、日によって、月によってバラバラです。あまりあてにしないよう注意したいところです。

子育てしながらダイエットに成功する方法

2014年12月2日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

パン子育て中って何かとストレスが溜まることも多いですよね。独身時代は自分なりの方法でストレス解消が出来たのに・・・とストレス解消の手段として暴飲暴食に走ってしまうママも多いと思います。気付いたら+10キロなんてことにならないように、子育て中も上手に時間を見つけてダイエット出来るといいですよね。今回は私が実際に実践したおすすめのダイエット方法をご紹介していきます。

0歳児向け!赤ちゃん抱っこでスクワット

赤ちゃんが泣き止まなくて困ってしまったという経験はありませんか。我が家の娘は本当に良く泣く赤ちゃんで、いつも大絶叫で泣いているので私自身も困り果てていた時期がありました。そんな時に娘を抱っこしてスクワットをしてみると、いきなり泣き止んだのです。抱っこでユラユラだけだと泣き止まなかったので衝撃でした。それからというもの、原因不明で泣いている時はひたすら抱っこにスクワットです。結構長い時間やることになりますが、かなり運動になります。夏は汗だくです。赤ちゃんが泣き止まなくて困っているママは是非実践してみてください。

1歳児向け!テレビの前で本気ダンス

特に雨の日などは、活動的な1歳児は一日中家だと体力を有り余ってしまいますよね。そんな時はテレビの前でレッツダンスです。我が家の娘は、かまってちゃんなので、静かに一人遊びなんて出来たもんじゃありません。私自身は家事がはかどらなくて困っているのですが、もう開き直って一緒に暴れちゃいましょう(マンションに住んでいる人は近隣住人に注意が必要ですが・・・)私は教育テレビを録画して、何度もリピートしながら何度も踊りました。ママが全力で踊ると、子供も本当に楽しそうなんですよね。子供も楽しそうに踊ってくれるので、雨の日でも疲れてよく眠ってくれます。ママも踊るときは体全体を動かすことを意識すると、シェイプアップにつながります。

2歳~向け!公園でかけっこ

2歳前後になってくると上手に走ることが出来るようになってきます。公園に行っても体力が尽きるまで走り続けることでしょう。ママも近くに座ってケータイをピコピコするのではなく、一緒になって遊んでしまいましょう。公園に行く際はボールやフリスビーなどを持って行くと、飽きることなく遊べていいかもしれませんね。追いかけっこもおすすめです。子供は追いかけられることが大好きです。もちろん手加減は必要ですが・・・。天気のいい日は広い公園でかけっこをしてみてはいかがでしょうか。ダイエットだけでなく、子供との絆も深まりますよ。

悪阻中に食べたくなった食べ物・食べれなくなったもの

2014年11月30日 by product | No Comments | Filed in 妊娠

パーティ私自身は悪阻にあまり悩まされた方ではありませんが、数週間味覚が変わったりすることはありました。いつも食べていたものが美味しくなく感じたり、逆にいつも苦手だったものが好きになったり・・・。色々個人差はあると思いますが、私自身が強烈に食べたくなった食材や料理をご紹介していきます。

食べたくなったもの

梅干しや梅昆布などの酸っぱい系

よく妊娠するとグレープフルーツが食べたくなるといいますが、きっと酸っぱいものが食べたくなる妊婦さんが多い為だと思います。私自身はグレープフルーツよりも梅干しなどの酸っぱさがとても食べたくなりました。これも人によって様々です。梅干しを食べすぎると塩分取り過ぎになるので、梅の飴やガムを食べて紛らわしていました。あとは、低カロリーなおやつ「梅昆布」もよく食べました。

ゼリーやプリンなど

ゼリーやプリンなどの冷たくてのどごしがいいものはよく食べたくなりました。甘いものはあまり食べたくない時期がありましたが、プリンのような甘さであればOKでした(個人差があると思いますが・・・)。

りんご

私は果物だとりんごがよく食べたくなりました。逆にグレープフルーツなどの酸味はあまり食べたくなりませんでした。りんごの他にも100%のオレンジジュースなどはよく飲みました。ビタミン補給にもなりますし、あまりご飯を食べられない時期はカロリーも摂れますからね。

食べることが出来なくなったもの

和食系

和食系がとにかく食べられなくなりました。和食によく使われる「だし」が特に無理になりました。妊娠する前は和食が大好きだった私ですが、悪阻中だけは和食は嫌いになってしまいました(と言っても、悪阻は早々に治まったのですが・・・)。

ネギ

ネギのニオイも気持ち悪くなりました。妊娠前はお味噌汁でも冷奴でも納豆でもネギをこれでもかってくらいかけていました。けれど、悪阻中は一切ネギは食べたくなくなりました。なので、みそ汁や納豆などネギを使うものはあまり食べなくなりました。ネギを刻むのも嫌だったので、悪阻中は我が家の食卓からネギは消えました。旦那はネギ大好きだったので申し訳なかったなと思います・・・。

キムチ

妊娠前は大好きだったキムチも悪阻中は食べることが出来なくなりました。キムチに関しては悪阻が治まってからも、あまり食べたくなかった気がします。以前は食卓に1品足りないという時に活躍する食材だったので、キムチが食べることが出来なくなったのはとても残念でした。

パパ必見!育児中のママがパパに手伝ってもらって嬉しいこと

2014年11月25日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

赤ちゃんの部屋赤ちゃんが産まれてから数年間は、何かと忙しい毎日が続きますよね。朝起きて、授乳したりご飯を食べさせたり着替えさせたりオムツを変えたり・・・。朝から晩までやらなければならないことが目白押し。新米ママは猫の手も借りたいくらいなんです。そんな時、パパが育児に参加してくれるかしないかでママの負担も大分変ってきます。ママに余裕が出てくると、家庭も円満に過ごせますよね。今回は育児中のママがパパに手伝ってもらって嬉しいことをご紹介していきます。

おむつ替え

赤ちゃんってママがご飯作っている時も、洗い物をしている時も、洗濯物をしている時も関係なくウンチしちゃうんですよね。すぐに替えてあげないと肌が荒れてしまうし、しかも臭うし・・・。そんな時、パパが替えてくれたらとても助かるんです。家事を中断する必要もないので、ママもイライラする必要がありません。オムツ替えはしたくないというパパも多いですが、是非手伝ってあげてください。

寝かしつけ

寝かしつけはオムツ替えよりレベルが高いかもしれません。添い乳で寝ている赤ちゃんはパパでは寝てくれないかもしれませんね。そんな時は仕方ないかもしれませんが(でも、寝かしつけに挑戦する姿勢は見せた方がママも嬉しいかもしれませんよ)添い乳を卒業した赤ちゃんはママでもパパでも慣れれば寝てくれるようになります。最初はママでないと泣いてしまう可能性もありますが、数日間根気よく寝かしつければパパでもすんなりと寝てくれるようになるのです。寝かしつけって、すんなり寝てくれる赤ちゃんもいれば、中々寝てくれない赤ちゃんも居ますよね。寝かしつけにかかっている時間を家事に使えたらママも生活に余裕が出てくるはずです。帰りが早いパパは是非挑戦してみてくださいね。

ママ一人の時間を作ってくれる

特に専業主婦のママは一人でいる時間がほとんどありません。一日中赤ちゃんと共に生活しています。パパからすれば一日中可愛い我が子と一緒に居れるんだから幸せだろうと思うかもしれませんが、実際は想像以上に大変なことなのです。昼間赤ちゃんが昼寝をしたとしても、起きないように気を使って行動しなければならないし、朝から晩まで赤ちゃんのペースに合わせなければなりません。可愛い我が子ですが、言葉の通じない赤ちゃんと毎日二人きりだと息が詰まってしまいます。なのでお休みの日は、パパが赤ちゃんと公園に行ったり、お出かけしたりして、ママのリフレッシュの時間を作ってあげてください。パパと赤ちゃんの絆も深まるはずですよ。

出産する病院を決める際は費用のチェックも忘れずに

2014年11月20日 by product | No Comments | Filed in 妊娠

妊娠おめでとうございます

妊娠検査薬で陽性が出たら、次のステップは病院の受診ですよね。皆さんは何を基準に出産する病院を決めますか。今は早く決めないとお産難民になってしまう地域も多いようです。しかも、出産には多額のお金もかかります。慎重になって決めたいところですよね。しかし、出産する病院によって総額でかかる費用が大分変わってくるのことをご存じでしたか。何が変わってくるかをしっかりチェックすることで、病院選びに役立ててくださいね。

分娩費用は病院によって違う

分娩費用や入院費、個室代など、退院時に支払う項目って色々とありますが、すべて病院によって異なってきます。傾向として、設備が整っている総合病院や大学病院などは高くなる傾向にあり個人院の方がリーズナブルな価格設定になっていることが多いです。しかし、出産は命がけです。おすすめの選び方としては、持病があったり高齢出産の場合はいざという時に最新の設備ですぐ対応してもらえる総合病院や大学病院などをおすすめします。ただ、個人院の出産に比べスタッフの対応やご飯などが味気ないことが多いです。リスクが高い場合は大きな病院もおすすめですが、それ以外であれば個人院での出産も悪くないと思います。ただ、個人院は費用がリーズナブルといっても病院によって差があるので、事前にお調べすることをおすすめします。

毎回の健診費用も病院によって違う

妊娠が分かると最初は2週間に1回、安定期は4週間に1回、後期には2週間に1回と妊婦健診が定期的に行われます。この妊婦健診はお腹の中にいる赤ちゃんをエコーで見ることが出来るので、毎回楽しみにしている妊婦さんも多いと思います。しかし、この健診費用も病院によって変わってくることをご存じでしたか。安い病院だと母子手帳についている補助券の金額内でほとんどまかなえてしまいますが、高いところだと補助券を使っても毎回何千円も支払わなくてはならない病院もあります。ちなみに、安いからといって設備などがわるい病院という訳ではないと思いますよ。院内見学をしてみるなど、総合的に判断してみてくださいね。

初診料も病院によって違う

妊娠が分かって初めて病院に行く際は結構多額のお金がかかってきます。平均して1万円前後でしょうか。ただ、病院の中には最初のみ保険診療OKなところがあったりと様々です。病院に行く前に連絡をすると費用について詳しく教えてくれます。事前に電話で色々と調べてみてもいいかもしれないですね。

赤ちゃんが夜に中々寝ない場合、改善するべきこと

2014年11月15日 by product | No Comments | Filed in 子育てのこと

10か月赤ちゃん赤ちゃんが中々寝てくれない場合、日々の生活を少し改善するだけで状況が一変するかもしれません。

お昼寝の時間を短くしてみる

夜中々寝ないということは、単純に昼間に寝る時間が多すぎるのかもしれません。お昼に気持ちよく眠っているところを起こすのも勿体ない気もしますが(赤ちゃんが眠っている間は唯一、ママが休める時間なので)夜中々寝てくれないということを天秤にかけてみてください。夜に自分の時間が全くないのはストレスになりますよね。旦那さんとゆっくり話したりコミュニケーションを取ったりする時間も必要です。なので、昼間に2時間以上寝ている場合は、まず昼寝を2時間にしてみてください。ちなみに我が家の娘は2時間だと長すぎました。1時間半だと20時半には眠くなってくれるので、毎日1時間半で起こすようにしています。

運動量を増やしてみる

運動量が足りない場合も中々寝てくれない原因の1つとなります。特に1歳以降は体力もついてくるので、歩行が上手になってきたら1日1回は公園などの広いところで遊ばせてあげましょう。アマの日は厳しいので児童館などに行ったり、ショッピングセンターなど雨を気にせず歩けるところに連れていってあげてもいいかもしれないですね。家にいる場合もママがたっぷり遊んであげて一杯体力を使わせてあげましょう。

全体的に規則正しい生活を心掛けてみる

いつもご飯の時間やおやつの時間、お風呂の時間がバラバラになっていませんか。赤ちゃんにも体内時計というものがあります。そこまで神経質になることもありませんが、大体の一日のタイムスケジュールを決めてあげた方が赤ちゃんも眠る時間を理解しやすいと思います。もちろんお出かけする日などは思い通りにならない場合もありますが、アバウトでいいので一日のタイムスケジュールを決めてみましょう。

眠くなさそうでも20時には寝床に連れていく習慣をつける

一日のタイムスケジュールを決るという話と少しかぶりますが、寝床に連れていく時間は毎日統一するべきです。赤ちゃんの体内時計は意外と簡単に訂正することが出来るので、まず出来ることからはじめてみてください。

眠る直前にテレビなどは見せない

テレビなどの光は脳を興奮させる作用があるそうです。寝る直前にテレビを見せることで眠くなるということを妨げてしまっているかもしれません。出来れば夕ご飯を食べてからは、あまりテレビはつけないようにして赤ちゃんと触れ合い遊びをしてあげてもいいかもしれないですね。しかし実際は、忙しいママが多いと思うので中々難しいという方も多いかと思います。なので、出来そうな方は挑戦してみてくださいね。